前へ
次へ

離婚裁判にはデメリットも多くある

日本では協議離婚をする確率が一般的に多く、どうしても協議離婚では対応できない場合に調停離婚が行われます。離婚を決めたカップルのうちでも2割前後が調停離婚だといわれており、たいていはそこでけりがつくことが多いです。しかし、どうしても離婚が成立しない場合には離婚を判決で決めてもらう離婚裁判に持ち込むこともあります。離婚を裁判員に決めてもらうことによって、判決で強制力のある離婚が成立することにつながることがポイントです。たとえ相手側がどんなにごねたとしても、離婚は法律によって定められてしまったからこそ、大手を振って分かれることができます。とはいえ、デメリットとして経済的な問題や、周りの好奇の目線にさらされることが大きいです。経済的なデメリットとしては裁判・弁護士費用がかかることです。また、離婚裁判はある程度相当な理由が必要といわれているため、裁判の内容を有利に、確実に離婚をするための証拠も必要となります。これらのことを理解して裁判に臨むことが必要といえるでしょう。

Page Top