前へ
次へ

離婚調停と離婚裁判の違い

離婚は、お互いに離婚の意思があれば円満に別れることができますが、相手が離婚を認めない時もあります。その場合は、どうしても離婚を望む方には離婚調停、または離婚裁判という手続きを行いましょう。両方とも家庭裁判所で行われますが、離婚調停は当事者と裁判官、男女1人ずつの調停委員などで構成される形式のもので、当事者は相手の顔を見ることなく離婚の手続きを進めることができます。言わば、第三者を交えて話し合いを行うシステムですが、お互いに納得ができなければ離婚は成立しません。一方、離婚裁判は離婚の訴訟を起こすことで、家庭裁判所が離婚が認められるかどうかの判断を下します。離婚裁判は、離婚調停でお互いの話がまとまらない場合に進むことが多く、こちらでは離婚に及ぶに至った決定的な証拠が必要となります。なお、公開裁判とはなりますが、相手の不貞行為やDVなどの法定離婚事由があれば相手が別れることを拒否しても離婚は成立します。また、控訴をすることができるのも離婚裁判の特徴です。

Page Top