前へ
次へ

離婚裁判に発展するそもそもの原因とは

離婚をするには3段階の方法があり、最も泥沼化した場合の選択肢となるのが離婚裁判です。離婚裁判では訴訟をおこした側が原告となり、訴えられた側が被告となりますが、離婚裁判にまで発展する原因の多くに不貞行為が挙げられます。分かりやすく言うと浮気で、夫もしくは妻のいずれかが婚姻関係を破綻させる原因を作ったことから離婚という選択肢に至った際、慰謝料の請求や財産分与、子供の親権及び養育費の支払いといったことを、家庭裁判所ではっきりさせてから離婚をするという手段です。原告と被告の関係について気を付けなければならないのは、法律において婚姻関係を破綻させる原因を作った側から、離婚訴訟の訴えを起こすことはできないという点です。浮気が原因で離婚する場合の原告とは必ず浮気をされた側であり、浮気をした方が被告となります。離婚裁判は経済力を持つ夫に対して、経済力に劣る妻が起こすケースが圧倒的に多いのも特徴で、より多くの慰謝料と財産分与に子供を手放すことなく養育費も払わせたいという、妻の決意の表れの裁判と言えそうです。

Page Top