前へ
次へ

離婚裁判で離婚しやすくなるポイント

協議離婚、調停離婚、離婚裁判といった形で離婚に関する話し合いは存在していますが、このうち最も大きなポイントとしては、離婚裁判です。協議離婚は話し合いによって成立するため、それほど大きなトラブルになることがありません。調停離婚の場合は調停因果間に入って話し合いの末離婚を選択することになるため、多少時間がかかりますが双方納得した上で離婚ができるでしょう。ただし、離婚裁判を行う場合には、時間も費用もかかる上、周囲からの心無い一言が胸をえぐることも多いといわれています。心身ともに傷がついても絶対に離婚をしたいという不退転の意識で望むことが必要です。また、離婚するに価する原因があるかどうかが裁判における焦点となっているため、あらかじめ離婚するに足る理由があること、証拠があることをあらかじめ伝えておきましょう。たとえば、5年以上別居して帰ってこない場合には、夫婦関係が破綻しているとみなされ、離婚が成立しやすくなります。ただし、夫婦で納得して生活費を送金している場合には離婚しづらいと考えられるため、注意してください。話し合いを何度重ねても離婚をせず、やむを得ず別居をせざるを得ない場合は、離婚が成立しやすくなるため、参考にしてください。

Page Top